引越し・新生活

免許証の住所変更に必要なものや手続きを徹底解説【引越し時に必見】

更新日:


進学、就職、異動などに伴う引っ越し。新生活に胸を膨らませている人も多いかと思いますが、引っ越しの時って何かと事務的な手続きが必要となってきますよね。

中でも何となく厄介に感じてしまうのが免許証の住所変更なのではないでしょうか。

そこで今回は、タイミングや、場所、必要なものなど、警察署で免許証の住所変更をする際に事前に知っておくと便利な情報を徹底的に解説していきます。

 スポンサードリンク  

1、住所変更のタイミングや場所を確認

 

免許証に記載されている住所の変更手続きを実際に行っていく前に、まずは基本的なことを確認していきましょう。

いざというタイミングになった時に、「あれ?どうするんだっけ」となってしまわないためにも、住所変更のタイミングや場所を知っておくことも大切です。

住所変更するタイミングは?

冒頭でも少し触れましたが、基本的に免許証の住所変更をするタイミングは引っ越し後です。

また、役所で住民票の異動手続きを済ませてから行うのが鉄則です。

しかしながら、これにも例外があって、仮に引っ越し前であっても、先に住所変更を済ませている場合は、引っ越し前でも可能なので、覚えておくと便利かもしれませんね。

どこで住所変更すれば良いの?

次に、免許証の住所変更をする場所ですが、警察署のみで行っていると思っている人も多いのではないでしょうか。

確かに大半の人は警察署に直接出向いて申請を出していますが、それは単純に自宅から近いからというだけの理由です。

近所に運転免許センター・運転免許試験場があれば、そこでも手続きはできますし、僻地に住んでいる場合は交番という選択肢もあります。

近隣の警察署に関しては、引っ越し先の都道府県警察のサイトでも確認してみてくださいね。

2、免許証の住所変更で必要なものは?

それでは、実際に近所の警察署や運転免許センターへと出向いて手続きを行っていきましょう。

でもその前に、免許証の住所変更を行うために、必要なものを事前に確認しておきましょう。

いざ、手続きをするとなた時に、手元にないという事態が起こらないためにも必見です。

運転免許証記載事項変更届

運転免許証の住所変更手続きをするための書類です。

そうは言うものの、警察署や運転免許センター、運転免許試験場に置いてありますので、事前に準備しておく必要はありません。

運転免許証

新しい住所へと変更した際に、裏面に記載することとなります。

運転免許証に関しては身分証明書としても頻繁に使っている人も多いでしょう。

新しい住所を記載する場合は、町名や番地、マンション名などを正確にしておきましょう。

住民票or新住所を確認できる書類

引越し先の住所が分かるためにも、役所で貰える住民票を提出するのが確実ですが、引っ越しが終わってから間もない人であれば、手続きが完了していない人もいるでしょう。

そういった場合は、新しい住所が確認できる郵便物でも対応可能です。

申請用写真

住所変更によって、「都道府県」が変わる場合に申請用写真が必要になるケースもありますが、ほとんどの場合、提示を求められません。

ちなみに、写真の大きさは縦が3.0cm、横が2.4cmですので、間違えないようにしましょう。

印鑑

シャチハタでは認められない場合もありますので、注意が必要です。

確実なのは認印ですので、忘れないで持っていくようにしましょう。

3、免許証の住所変更はいくら必要?

5年ごとに訪れる免許証では手数料や費用が必要ですが、住所変更の場合はどうなのでしょうか。

何かとお金が掛かってしまう引っ越しですから、なるべく支払わずに済みたいものです。

住所変更にかかる費用

え?住所変更するだけなのに、お金が発生するの?と思った方もいるかもしれませんが、安心してください。

免許証の住所変更をするだけでは手数料・料金・費用は一切かかりません。

誰でも無料で手続きを行うことが可能です。

届け出をしなかった場合

住所変更するのって面倒だな…と思っているそこのあなた!

免許証の住所変更をしなかった場合、身分証明書として使えなくなるだけと思っていませんか?

それは大きな間違いです。

道路交通法では、引っ越しなどに伴う住所変更時は、速やかに届け出ることが決められています。

もしもそれを無視した場合は、1万円以下の罰金に処せられる場合もありますので、注意しましょう。

 スポンサードリンク  

4、まとめ

多くの人が、何となく面倒臭そうと思っている、免許証の住所変更。

実際に必要なものは、免許証と住所を確認できるもの、印鑑のみで、料金も発生しません。

特に最後にご紹介した届け出をしなかった場合を考えると、引っ越してからすぐに手続きに向かうことをおすすめします。

手続き自体も面倒ではありませんので、早急に済ませましょう。

 スポンサードリンク  




-引越し・新生活

Copyright© 一人暮らしライフハック , 2018 All Rights Reserved.