生活のライフハック

コンビニで両面印刷ができるの?失敗しないお店の選び方を紹介。

投稿日:


コンビニのコピー機で両面印刷はできるのかな?

もちろん、コンビニでも両面印刷は可能だよ。

 

でも、コンビニ以外にも街にはコピーやプリントアウトができるお店がたくさんあるんだ。

コンビニ以外にどんなところでコピーができるんですか?

例えば、ダイソーだと1枚5円のコピー機がある。もちろん、両面印刷も可能だ。

 

あと、キンコーズというプリントショップも有名だよ。

いろんなところにコピー機があるんですね。

 

お店ごとに違いとかあるんですか?

どこのコピー機でも両面印刷はできる。

 

でも、それぞれ特徴やできること・できないことは違うんだ。

 

だから、目的に応じたお店選びが大切なんだよ。

 スポンサードリンク  


 

コンビニで両面印刷する方法と値段

コンビニマルチコピー機には、様々な機能が備わっています。
両面コピーもその一つです。

 

またコンビニでは、ネットワークプリントPDFプリントなどの機能があります。
PDFプリントは、USBメモリなどに入れたPDFファイルをプリントアウトする機能です。
ただ、コンビニでUSBからプリントアウトするには、PDFファイルである必要があります。
ワードやエクセルをPDFに変換せずに印刷するには、ネットワークプリントを利用しなければなりません。

コンビニでエクセルやワードを印刷する方法。プリンタがない人必見!

両面印刷はPDFプリントでもネットワークプリントでも可能です。

 

両面印刷の値段は?

両面印刷に掛かる値段は、通常の印刷を2回行う計算になります
セブンイレブン・ローソン・ファミマともに印刷費用は同じです。

片面 両面
通常のコピー 10円 20円
PDFプリント 10円 20円
ネットワークプリント 20円 40円

この料金表は、いずれも白黒印刷の場合です。

 

両面印刷のやり方での注意点

詳しい両面印刷のやり方は、コンビニごとに少し異なる点があります。
ただ、どんなコピー機でも共通して気をつけるべきなのは、長辺とじ短辺とじの違いです。
この選択をミスすると、裏表で向きが合わなくなってしまいます
次の動画で、長辺とじと短辺とじの違いが分かりやすく説明されているので、確認しておきましょう。

縦長ページ編

 

横長ページ編

 

セブンイレブンでは製本印刷もできる

セブンイレブンは、他のコンビニチェーンよりもコピー・印刷に力を入れているようです。
他のコンビニチェーンでは対応していない小冊子プリント機能を使えば、製本印刷が簡単にできます
製本印刷とは、用紙を二つ折りにすれば、冊子になるようにページを配置する機能です。
通常の方法だと用紙を折るだけで冊子になるような印刷は難しく、印刷前に自分でページを調整する必要があります。
セブンイレブンの小冊子プリント機能ならば、ページの調整が不要です。

セブンイレブンのマルチコピー機で同人活動をもっと手軽に・もっと楽しく! 

また、通常の両面印刷を含めた詳しい操作方法は次のページをご覧ください。

マルチコピー機でできること - セブンイレブン 

ローソンとファミマでのマルチコピー機の使い方

残念ながら現時点では、ローソンやファミリーマートでは、製本印刷には対応していません
もちろん通常の両面コピーやネットプリント・PDFプリントの両面印刷は可能です。
ローソンもファミマも同じSHARP製のマルチコピー機が採用されています。
両面印刷を含めた詳しい使い方はこちらをご覧ください。

コンビニのコピーサービス - SHARP

 スポンサードリンク  


 

コンビニ以外に両面印刷や製本印刷ができるお店はあるの?

コンビニ以外でも両面印刷や製本印刷ができるお店があります。
例えば、キンコーズというプリントショップが有名です。
また実は、100円均一ショップのダイソーにもコピー機が置かれています。
いずれも、通常のコンビニでのコピーの値段よりも割安になっているので、経済的です。

 

キンコーズはプリント専門店

キンコーズはコピーやプリントアウトの専門店です。
セルフサービスでコピー・プリントができます。
また、製本を依頼することも可能です。

 

コンビニやダイソーとは違い、印刷する際には、たくさんの種類の用紙から選択できます
通常のコピー用紙ではなく、厚手の上質紙で印刷する必要があるときに、とても便利です。

Kinko's

キンコーズは値段の面で見れば、コンビニと比べて、白黒コピーだと1枚あたり9円と、あまりお得感がありません。

 

ただ、大量部数のコピーや印刷には、キンコーズがおすすめです。
通常、コンビニ店舗には、コピー機は1台しかありません。
そのため、長時間一人で使い続けるのは、マナー違反。
しかし、プリント専門店のキンコーズならば、複数のコピー機があるので、遠慮無く長時間使うことができます

 

またキンコーズには、会員割引学生割引があるので、それらを活用すれば、より経済的にコピーができます

キンコーズのメリット・デメリット
メリット 用紙が選べる・製本印刷ができる
大量部数の印刷が遠慮無くできる
デメリット 店舗が少ない

 

ダイソーはコピーも激安

100均でおなじみのダイソーにも、コピー機が設置されています。
ダイソーのコピー機では、費用はコンビニの半額の1枚あたり5円です。
コンビニなどと同様に、両面印刷の場合は、2回分の1枚10円になります。
ただし、ダイソーの5円コピー機では、ネットワークプリントやPDFプリントはできません
もちろん、用紙や印刷の質は、コンビニなどと比べて遜色のないものです。

 

5円コピー機は、もっぱらダイソーに設置されていますが、スーパーやドラッグストアでの設置店舗も増えてきています。
次のページから検索できるので、近所の5円コピー機を探してみましょう。

5円コピー

5円コピー機のメリット・デメリット
メリット コンビニの半額
デメリット プリントアウトできない

 

目的に合わせてお店を選ぼう

コンビニやダイソー、プリント専門店など様々なところにコピー機が設置されています。
ダイソーの5円コピー機のようにネットプリントやPDFプリントができないケースもあるので、気をつけなければなりません。
しかし、通常の両面印刷機能は、ほぼすべてのコピー機に用意されています。

 

大切なのは、あなたがどんな目的で印刷するのかということ
コンビニやダイソー、プリント専門店では、できることや得意・不得意が違います。

目的にあったコピー機の選び方
手軽にコピーしたい
ネットプリントが使いたい
コンビニ
大量部数/用紙選択したい キンコーズなどのプリントショップ
製本印刷したい キンコーズなどのプリントショップ
セブンイレブン
とにかく安くコピーしたい ダイソーなどの5円コピー機

これらを参考にして、あなたの目的にあった、お店選びをしましょう。

 

 スポンサードリンク  




-生活のライフハック

Copyright© 一人暮らしライフハック , 2018 All Rights Reserved.