暮らしの家電

電子レンジの捨て方どうしてる?簡単な方法からお得な方法までご紹介!

更新日:


電子レンジが壊れたり買い替えたりで処分する際、捨て方で悩んでいませんか?リサイクルや地域の回収方法などどこを見ればいいか分からない…。確かに家電はそれぞれ何ゴミになるのか分かりづらく、一つ一つ調べていくと時間がかかってしまい大変です。適当に捨ててしまうと回収してもらえなかったり、余計な費用がかかったりして損をしてしまいます。今回は電子レンジの捨て方や、回収方法の確認場所、捨てずにお金に換える方法まであなたに合った処分方法をご紹介します。

 スポンサードリンク  

 

電子レンジの捨て方は地域によって違う

電化製品は家電リサイクル法により全てリサイクルしないといけないと思いがちですが、実は環境省によるとエアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機の4つのみがリサイクル法に指定されており、電子レンジは対象外となっています。リサイクルしなくて良いということは、電子レンジは粗大ごみとして出すことができます。粗大ごみの出し方は二通りあります。

 

自治体に回収してもらう

自治体に回収してもらう場合、家の前まで取りに来てくれるので一番簡単です。しかし回収に手数料がかかるためお金がかかる捨て方となります。手順としては各自治体の粗大ごみ受付センターに連絡をした後、スーパーやコンビニ等で購入できる粗大ごみ処理券を電子レンジに貼ります。後は指定の日時に家の前に置いておけば回収してくれます。

 

指定の回収場所に持ち込む

元々自治体には粗大ゴミを収集する場所があるのですが、自分で持ち込む事で手数料を安く抑えることができます。この場合も粗大ごみ受付センターに事前に連絡をした上で持ちこみます。電子レンジは大きいので車などが利用できる人は持ち込みがおすすめです。自治体への連絡は通常電話ですが、インターネットでも受付できるところが増えています。各自治体のホームページを確認しましょう。

 

電子レンジを買い替える場合は捨てる前に購入店に相談を

電子レンジの取り扱い店では、古い電子レンジを下取りして新しく購入する金額から値引きをしてくれるところもあります。また、値段が使いないような品物や状態でも処分費用がかからず引き取ってくれる場合もあります。行っている店舗はそれほど多くなく、値段がつくかどうかも店舗との相談になるため、「古い電子レンジを持っていったのに引き取ってもらえなかった」なんて事にならないように事前に確認しておきましょう。

 

電子レンジを中古品として誰かに譲る

電子レンジがいらなくなったと言っても状態として様々です。まだ温める機能が動いているのであれば、リサイクル業者に買い取りをしてもらうのが良いです。電気で動く製品は基本的に電源が付き不備なく動けば買い取ってくれるのですが、業者によっては製造から何年までと決まっている所もあります。店舗に持っていく前に連絡して確認しておきましょう。

また職場や学校、友人等温められればそれでいいという場所や人もあります。一部の機能だけ壊れている場合はこういった困っている人達に寄付をすると社会貢献に繋がります。

もし完全に壊れてしまって誰も欲しがらないだろうと思っても、オークションを利用してみて下さい。壊れた品=ジャンク品として出品すると、意外にも買い取ってくれる人は多いです。購入する人はその製品のパーツが欲しかったり、安く買って自分で直して使える人等です。出品や梱包等手間はかかりますが、壊れたものでも値段が付くのでオークションを利用するメリットは大いにあります

 スポンサードリンク  

 

まとめ

電子レンジの捨て方についてまとめてきましたが参考になりましたでしょうか。今まで出てきた内容を得する方、または費用が少ないからまとめると以下の順番になります。

  1. 新しい電子レンジ購入時に値引きをしてもらう
  2. オークションやリサイクルショップで販売
  3. 誰かに譲る
  4. 粗大ごみとして捨てる

一番簡単なのは粗大ゴミとして捨てる方法です。家の前に置いておけばいいのでどこかに持っていったりしなくてもいいのが楽ですね。今回の内容を参考にして損しないように電子レンジを処分しましょう!

 スポンサードリンク  




-暮らしの家電

Copyright© 一人暮らしライフハック , 2018 All Rights Reserved.