お布団のお手入れ

敷布団の捨て方・ゴミの出し方を解説。お金をかけない節約の秘策

投稿日:


布団は大きくてかさばるから捨てるのも大変だよー。

無理にゴミ袋に入れようとしても、入るどころか、袋が破けちゃう・・・

実は、布団をそのまま処分しようとすれば、燃えるゴミとしては出せないんだよ。

どうして、布団をそのまま燃えるゴミとして出せないの?

多くの自治体では、布団のようにゴミ袋に入らないモノを燃えるゴミとしては出せないよ。

だから、布団を捨てるには粗大ゴミとして処分する必要がある。

自分で役所に電話を掛けて、手数料を支払って、捨てなければならないんだ。

捨てるものにお金を出して、しかも自分で手続きか・・・

正直、面倒だなあ。

でも、ルールを守らないと不法投棄として処罰されてしまうかもしれないよ。

それに、もうひと手間掛ければ、お金を掛けずに布団を処分する方法もあるんだよ。

 スポンサードリンク  

布団の捨て方は自治体ごとに異なる

布団のような大きくてかさばるものの処分には、自治体ごとに様々なルールが設けられています。自治体ごとのルールを無視して、自分勝手にゴミに捨ててしまうと、布団を回収してもらえません。

多くの自治体では布団は燃えるゴミに出せない

多くの自治体では、布団のようなかさのあるものを可燃ゴミとして出すことはできません。

例えば、大阪市の場合、普通ゴミ(燃えるゴミ)のサイズは一番大きい辺が30cm以内または、棒状で1m以内と定められています。それ以上の大きさのゴミは粗大ゴミです。

布団を粗大ゴミとして処分するには、事前に電話で申し込まなければなりません。また、処理手数料に、布団4枚を1束として扱い、1束ごとに200円が必要です。

粗大ごみ処理手数料一覧表 - 大阪市

布団を捨てる時は自治体ごとのルールに従おう

ゴミ捨てのルールは自治体ごとに異なります。そのため、あなたが布団を処分する際は、自治体ごとのルールに従いましょう。

僕の街の布団の捨て方なんて分からないよ

という人は、「大阪市(自分の自治体) 布団 ゴミ」などと検索すれば、トップにあなたの自治体のサイトが表示されるはずなので、それで確認してみてください。

自治体のルールを無視してゴミを捨てると、回収してくれません。また場合によっては、不法投棄として処罰されてしまう可能性もあります。きちんとあなたの自治体のルールに従ってゴミは処分しましょう。

敷布団をお金を掛けずに処分するマル秘テクニック

通常布団のようなかさばるものを処分するには、数百円程度ですがお金が掛かります。また、お金が掛かるにもかかわらず、自分で手続きをしなければなりません。わざわざ手間を掛けるのなら、お金を掛けずに処分したいものです。

状態が良ければ、リサイクルショップに持っていこう

あなたの布団が、汚れや傷みが小さく、まだまだキレイな状態であれば、捨ててしまうのはもったいないです。

布団のメーカーや状態によりますが、中古の布団には一定の需要があります。一般に、有名メーカー布団で、購入後3年以内状態の良いものは、1万円以上の値段が付くこともあるようです。

布団・寝具の買取りポイント

このようにリサイクルショップの中には、中古布団の買取を積極的に行っているお店も。また、「KaNZaBuRo」では、お店に布団を持っていくのが面倒な人のために、出張買取サービスが行われています。

もちろんあらゆる中古布団が売れる訳ではありませんが、そのまま捨てればお金を払う必要があります。でも、リサイクルショップに売れば、逆にお金が貰える可能性があるので、ぜひ一度は検討してみましょう。

 スポンサードリンク  

まだ使える布団なら寄付するのもアリ

リサイクルショップによっては、状態が良くても、無名メーカーの布団は買い取ってもらえないケースもあります。また、全然使える状態でも、少し汚れや傷がある場合は買い取ってもらえないことが多いです。

このような場合は、ボランティア団体に布団を寄付してみるのはいかがでしょうか。発展途上国や災害に遭った人たちのために、布団を募集しているボランティア団体があります。使える布団でも、捨てればただのゴミですが、要らない布団を寄付するだけで、人助けや社会貢献になるのです。

もちろんどんなボランティア団体でも布団の寄付を受け付けている訳ではありません。そのため、事前に布団を持ち込んで良いか確認を取ってから、持っていきましょう。

ただ、当然のことですが、汚れや傷が酷く状態の悪い布団は持って行ってはいけません。持って行ったとしても、迷惑になるだけです。また、マナーとして、布団は洗濯やクリーニングを済ませてから、持っていきましょう。

布団が洗えるコインランドリーの探し方。上手な洗濯の仕方も解説

敷布団をゴミ袋に入る大きさに切り分ければ、燃えるゴミに出せる

リサイクルショップであれ、ボランティア団体であれ、状態の悪い布団を持っていくことはできません。

汚れや傷みが激しい布団はゴミとして捨てざるをえません。

ただ、お金を出して粗大ゴミとして捨てる以外にも処分する方法はあります。少々手間が掛かりますが、布団を切って、ゴミ袋に入るサイズに解体することで、燃えるゴミとして出すことが可能です

掛布団では難しいのですが、敷布団であれば、自力で解体することは難しくありません。

布団は捨てる前にもう一度よく調べてみよう

布団は、他の普通のゴミとは違って、自治体ごとのルールに従って処分する必要があります。多くの場合では、自分で手続きをして、手数料を払わなければなりません。

一方で、工夫次第で、手間は掛かりますが、お金を掛けずに布団を処分することもできます。売れる布団にお金を出して捨てるのは、もったいないですよね。

粗大ゴミとして捨ててしまう前に、もう一度処分方法について考えてみよう!

 スポンサードリンク  




-お布団のお手入れ

Copyright© 一人暮らしライフハック , 2018 All Rights Reserved.